『楽しむ Sewing Time』で、「サシェ」を作りました♪

台風の後、やっと晴れたと思ったら今日は再び雨。

「秋の長雨」とは今頃のことなんでしょうね~

本日は、雨の中のご参加ありがとうございました。

 

材料にポプリも使うので、店内までほのかないい香りでした♪

奥の和室には、一人づつ針山と木のトレーが置かれて準備万端。

カラフルな糸やボンドなどの道具も完備。

予めカットされた布のキットがたくさん!~やる気をそそります^^

 

キットは、無地のリネン・ストライプのオーガンジー・無地のオーガンジーに、それぞれレースやリボンがセットされて袋に入っていて、好きなものを選べます♪

私は、出来上がりの見本を見ながら、リネンを選びました^^

テトラ型。

平たい布がどの時点であの形になるのか・・・

3回縫うとできるそう♪

 

「まず、こうやって」と、カナさんがポイントごとに縫って見せてくれます。

 

長方形の布を中表にして半分に折って上から1㎝位のところを波縫いします。(1回目)

 

次に、縫い代を中心にもってきて筒形にし、上から1㎝位のところを波縫いします。縫い代は開かずに片倒しでOK。(2回目)

 ➝肝心なところの画像抜けててスミマセン!

 

裏返して、(ここでテトラ型に!)口の部分を5㎜位中に折り込み、【コの字縫い】で口を閉じます。(3回目)

 

リネンの場合、表面のお飾りは、ここ↑で、口を閉じる前に縫い付けます。

レースの花飾りは【星留め】で花びらの真ん中あたりを突っ切る感じで一周縫って、花芯は大き目の【フレンチノット】で留めます。

ぽちぽちのお飾りは【フレンチノット】を、ぽちぽちと間隔をあけて作ります。

 

【星留め】は表に響かない縫い方で、返し縫いの仲間。

【フレンチノット】は玉止めの仲間。要領は同じだけど、糸を針に巻く回数が多い。

【縫い方】の基本が作りながら覚えられるのはありがたいもの^^一生モノの収穫です。

口を閉じたら、頂点に、レースをループ状にして【星留め】で取り付けます。

 

これで、出来上がり!!!

 

右がキットです。カットしてあるので即とりかかれます♪

時間内で一緒に縫えなかったので、忘れないうちに作らなくちゃ。

(画像の足りないところ、その時撮影して補います)

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。