『楽しむ Sewing Time』で裂き布小物つくり♪

お彼岸前の気温が安定しない時季。

昨日の季節外れのあたたかさとはうって変わって、今日は肌寒い日となりました。

 

テーブルには、カナさんが銘々にお裁縫道具を用意してくださり、布やレースがいっぱい。

メイン素材になる布地は、微妙な色のプリント柄、清楚な感じのドット、大人っぽい色調のチェックやストライプ…etc

やっぱりカナさんの布地セレクトはやる気が出ます♪

 

ヘアゴム、コサージュ、コースターの中から各自好きなものを作ります。

カナさん作の見本をたよりに、出来上がりを想像しつつ布地をチョイス。

 

始めに、布を裂いて1.5㎝幅のひも状にするところからスタート。

1.5㎝幅のところにちょっとハサミを入れて、そこから引き裂きます。

ビリビリッと勢いよく裂いた方がうまくできるみたい。この作業楽しい!!!

 

布幅の最後のところまで裂かずに、長くつながった紐の作り方を教えていただきました。

これなら、結び目がないのできれいに編めるわけですね♪

ラクにきれいに仕上げるポイントって大事です!

ひも状になった裂き布は、毛糸玉のようにまあるく巻いておきます。

 

ヘアゴムを作るには、

手に裂き布を7~10巻してから中央をつまみ、裂き布を巻きつけて留める要領。

好みでレースなどものせてから一緒に留めるとかわいい。

両サイドの輪になっているところを切る。(切らない感じもふっくらしててかわいいかも)

中央にヘアゴムを糸でぐるぐると縫い留めたら出来上がり♪

 

次はコースター。

くさり編みを4つ作って輪にしてから、〈こま編み+くさり編み〉を、輪にしたくさり編みの一目一目に編んでいきます。

ずっとこの繰り返しで好みのサイズまで編んだら出来上がり。

ゆるーく編んだ方がうまくいくみたい。

コースターは汚れたら洗えるので、気軽に使えます。

 

私は、コースターをセレクト。

久しぶりに編み物をしたので、構えすぎたのか!?目がきっちり固くなりすぎて、外周の目数が多くなってしまったよう。

外周の途中からゆるく編んだせいでフラットにならず、ふよふよとコップが浮きそうな状態に。。。

あとでほどいてゆる編みでやり直し、なんとか出来上がりました♪

ゆる編みだと目数も少ないのであっという間に出来てしまう!

家族5人分作って、ココットの下に敷くのに使おうかな~

 

布を選ぶときは、薄手の綿素材が裂き布には向いているとのこと。

化繊だとコースターや鍋敷きは熱いものを置いた時に溶けてしまう可能性があるとも。

 

楽しくおしゃべりしながら、作業をすすめるうちに出来てしまった感じ

 

コースターを大きく作れば鍋敷きもできるんですって

ぜひ鍋敷きも作ってみたい!

先々の楽しみが出来るのはうれしいことですね^^

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。