『楽しむ Sewing Time』でレースを縫い付けました♪

梅雨の中休み。

もう梅雨が終わって夏に突入したかのように、暑い日が続きます。

 

はじまりの10:30になると、テーブルにはいつもように銘々に針山とハサミなどが準備され、

広げられたレースの数々・・・カナさんセレクトの素敵な素材に出会えるのも毎回楽しみの一つです♪

 

今回は、既成のトートバックやポーチを使って「レース縫い付け方」を学びます。

キナリのチャック付ポーチまたはトートバックに、好みのレースを縫い付けるので、ゴールが早い。

これらのポーチやトートバックは100均でも買えるそう。

 

今回の内容を先週FBで告知したところ、

佐野に住む従妹から「素敵♪~作って!」とのメッセージ。

自分のじゃないと責任重大!? トートバック頑張って作るからね!

 

みなさんも揃って、トートバックにチャレンジ。

トートバックは、すでにレースが上端にミシンでぐるりと縫い留めてある状態からスタートなので、

好みのレースがついたバックを選びます。

すぐにお題の「レース縫い付け方」に入れるのはありがたい^^

 

レースはこうやって「星どめ」で縫うんです~ と、カナさんに「星どめ」を教えていただいてから縫い始めます。

「星どめ」は、「返し縫い」で、表に1㎜程度、裏は長く糸が出る・・・「返し縫い」っていろいろあるんですね~

 

レースの合わせ目は、1~2山がきれいに重なるように融通して、待ち針でとめてから縫い進め、

最後に切り口にかがり縫いをして仕上げます。

 

みなさん、集中しているときは静か・・・この空気感がいいんですよね~♪

 

幅が細めのレースでは、(入れ口の布が重なった)固い部分に留めなくてはならず、針が通りづらい・・・

裏を見ながら縫い進めていたら表のレースに糸が届いていなかった!・・・など途中いろいろありましたが、

どれも素敵に仕上がりました^^

私もみなさんと一緒にチクチクと・・・トートバック完成♪

 

ぐるりとレースを一周縫い付けただけなのに、効果抜群!

見違えるように素敵なバックになりました♪

 

レースを選ぶときは「ケミカルレース」だと切り口がほつれなくて使いやすいとのこと。

レース探しに出かけたくなりました^^

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。