『楽しむ Sewing Time』で「冬素材コサージュ」を作りました♪

秋晴れのいいお天気~庭の柿の実が色づき収穫間近♪

そんな季節にピッタリな「冬素材コサージュ」

 

手ぶらでOK~銘々に待ち針やハサミがのったトレーが用意されています。

今回カナさんセレクトの布は、ウーリーでやわらかそうな無地、ワッシャーが入ったチェック、モノトーンのチェックの3種。

これを幅5~6㎝位で先がとがった帯状にカットしたもの、丸い布、クリップとピンがついた土台の金具で1セット。

ここから好きなセットを選んでスタートです♪

 

リピーターさんいわく、

「ここで作っても家でなかなか再現できないのよね~」

そうそう同感。

「ふさわしい布が見つからない。」と。

カナさんセレクトの布がみなさん大好き。

どこで売ってるの~?と会話が弾みます♪

 

「今回は今までで一番簡単!」とカナさん。

「まず最初は玉留めから。」

今回は目が粗いすかすかの布なので、玉留めが抜けてしまいます!

そんな時は2本取りの玉留めで。

1目刺した返りに2本の糸の真ん中を通すと抜けません。

 

帯状の布の端から、中央を蛇行するように「なみ縫い」します。

縫い目は任意でOK。

蛇のようにくねくねと。(あとで花びらの高さが揃いすぎないよう)

端まで縫ったら、布にギャザーを寄せる要領でギューッと糸を引っ張って、輪を作るように丸めて、花びらに仕立てていきます。

(布のとんがった方が芯にくるようにすると自然な感じに)

花びらの形を整えたら、花芯の裏側からグシグシと上下に何度か縫い固めて玉留めします。

縫う作業は以上でおわり♪

 

次はボンドで土台の金具にコサージュをくっつけていきます。

土台の金具にボンドを塗り、最初に土台より一回り大きくカットされた丸い布を貼り付ける。

次に、貼り付けた丸い布にボンドを塗り、コサージュを貼り付ける。

この丸い布を間にはさむことによって、コサージュがしっかりと付くそう♪

 

コサージュが金具に付いたら、もう完成です!!!

クリップとピンがついた金具なので、ピンでバックやお洋服につけたり、クリップで気軽にとめても使えます。

ヘアゴムをつけて髪飾りにしてもかわいいですね♪

 

この日は、1歳のお子様連れでの初参加もありました。

託児がないのでお子様を見ながらの作業、お疲れさまでした!

それでも時間内に仕上がったので達成感がありますよね~!?

たまたま簡単な内容だったので良かったです^^

柄や素材感の違いで、こんなに雰囲気が違ってくるんですね~

 

「薄手のデニムで作ってもいい感じになりますよ~切り口のところが白く出て素敵なんです。」と、

カナさんから次なる製作意欲につながるアドバイスをいただきました♪

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。